コラム手洗い新型コロナの基礎知識

感染症予防のための正しい手洗いとは?

コラム

 

手洗いのイラスト(そでをまくる)

感染症予防のための正しい手洗いとは?

新型コロナウイルスの感染を防ぐために、最も大切と言えるのが手洗いです。ここでは、厚生労働省や東京都が推奨する正しい手洗いの方法について、改めてご紹介します。

1.手洗いの前に

時計や指輪は外しておきましょう。

爪は短く切っておきましょう。

2.水でよく濡らす

流水で手をよく濡らし、石けんをつけて、手のひらをよくこすります。

3.手の甲もしっかりこする

手の甲を伸ばすようにして、しっかりこすります。

4.指先や爪の間も念入りに

指先や爪の間は、手のひらにこすりつけるようにして念入りに洗います。

5.指の間を洗う

指を交互に組むようにして、指の間もしっかり洗います。

6.親指と手のひらをねじり洗い

手のひらで親指を包んでねじるようにしてしっかり洗います

7.最後に手首を洗う

手首も忘れずにしっかりと洗います。

8.十分に水で流す

洗い終わったら、水で流します。両手についた石けんをしっかりと洗い流してください。

9.洗い終わったら

洗い終わったら清潔なタオルやペーパータオルなどで、よく拭き、乾かしてください。自然乾燥はいけません。

 

以上、感染症予防のための正しい手洗いでした。

外出先からの帰宅時や調理・食事の前後など、普段からこまめに手洗いするよう心がけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました