コラムワクチン

東京ドームと日本サッカー協会、文京区の接種会場に

スポンサーリンク
コラム

東京ドームと日本サッカー協会、文京区の接種会場に

先日のワクチン接種件配布まつりが各メディアで大きく報じられるなど、「接種したい人がいるのに接種できない」地域として知られた感のある東京都文京区。少しでも迅速に接種を進めるべく、新たな接種会場として東京ドームや日本サッカー協会などが加わることになりました。

文京区のワクチン接種の現状は?

文京区では6月30日に40歳から59歳までの区民に対し、接種券の発送を行いました。翌7月1日には12歳から39歳までの発送しており、これで区内の12歳以上全員に接種券を配布したことになります。

接種券が届けばすぐに予約ができるわけではなく、区内での接種を希望する場合の予約開始日については、55〜59歳が7/15から、50〜54歳が7/16から、45〜49歳が7/19から、40〜44歳が7/20から、12〜39歳が7/21からそれぞれ予約ができるようになります(基礎疾患がある方、高齢者施設などで働く方は既に予約が可能です)。

JFAハウスの接種は8/2から

日本サッカー協会は6月30日、区内にあるJFAハウスを8月2日から11月下旬まで、新型コロナワクチンの接種会場として提供することを発表しました。

この建物には日本サッカー協会や日本サッカーミュージアムなどが入っており、サッカーファンの区民の方なら足を運んだ方も多いと思います。

名選手のパネルやサッカーグッズに囲まれての接種なら、筋肉注射の痛みも少し和らぐかもしれませんね。

東京ドームは一体いつから?

プロ野球・巨人の山口オーナーは5月23日、菅首相と会談した際に「東京ドームのワクチン接種会場提供」を表明しました。各紙が一斉に報道し、山口オーナー自身も「6月末か7月初旬に受け付けを開始し、8月から接種を開始する。対象は文京区と新宿区」と語ったようですが、その後、関連情報はほとんど発表されていません。

文京区のホームページを見ても、東京ドームについては「調整中」と書かれており(※1、7月1日現在)、SNS上には待ち望む野球ファンの声があふれています。

東京五輪の影響で巨人以外の公式戦も増えており、調整が難しいようですが、できるだけ早く接種できるように進めてもらいたいですね。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました