コラム世界のコロナ事情

感染者が1日で5万人増 インドネシアの感染状況

スポンサーリンク
コラム

感染者が1日で5万人増 インドネシアの感染状況

新型コロナウイルスの感染が急拡大しているインドネシア。インド型変異株「デルタ株」の猛威によって感染者数が急増しており、7月14日には1日の新規感染者数が5万人を上回りました。現地の日本人14人が亡くなったと報じられるなど、感染拡大に歯止めがかからないインドネシアの現状について調べてみました。

6月から感染者が急増

※左軸が新規感染者数。右軸が死者数(7日間平均)に対応しています。

【データ元】Indonesia Coronavirus Pandemic Country Profile – Our World in Data

インドネシアでは今年1〜2月に1日の新規感染者数が1万人を超えた日がありましたが、その後は感染者数が減少し、1日当たり5000人程度で推移していました。

6月に入ると、「デルタ株」の感染拡大によって感染者数が急増。7月14日には5万4517人となり、死者も991人にのぼっています。

日本人駐在員に帰国の動き

日本政府は7月12日、インドネシアの感染拡大によってこれまでに14人の在留日本人が亡くなったと発表しました。加藤官房長官は邦人保護の観点から、帰国を希望する日本人を支援するため、特別便を運航する考えを示しました。現地に拠点がある日本企業にも駐在員を帰国させる動きが広がっており、14日には清水建設が依頼した特別便で日本人52人が帰国しました。

ワクチンの追加接種も開始

インドネシアでは既にワクチンを2回接種した医療従事者が感染したり亡くなるケースが相次いでいます。中でも、中国シノバック製ワクチンを2回接種した医療従事者のうち350人以上が感染したことが明らかになり、大きな波紋を呼びました。

こうした事例を踏まえ、インドネシアでは2回の接種を終えた医療従事者を対象に、モデルナ製ワクチンの追加接種が行われることになっています。

困難な状況にあるインドネシアには、日本からのワクチン支援も行われています。大変な状況が続いていますが、一刻も早く収まることを願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました