コラムワクチン

モデルナ製ワクチン、半年後もデルタ株に有効か

スポンサーリンク
コラム

モデルナ製ワクチン、半年後もデルタ株に有効か

米国立アレルギー感染症研究所などのグループがこのほど、モデルナ製新型コロナウイルスワクチンについての実験結果を米科学誌「サイエンス」に発表しました。それによると、接種から半年後でも、インド型「デルタ株」などの変異株に対する効果がみられたようです。

モデルナ製2回接種者24人で実験

実験はモデルナ製ワクチンを2回接種した24人で行われました。一定の期間をおいて血液を採取し、新型コロナウイルスを再現した人工ウイルスを使ってワクチンの効果を調べました。

接種半年後もデルタ株に96%の効果

接種半年後にウイルスを抑える効果がみられたのは、従来株が100%、英国型「アルファ株」が96%、インド型「デルタ株」も96%といずれも高い効果を示しました。しかし、南アフリカ型「ベータ株」は54%で、効果が大幅に低下していました。

抗体価のピークは2回目接種14日後

ワクチンによって生成される中和抗体の数値(抗体価)は、2回目の接種から2週間後が最も多く、その後緩やかに減少することも判明しました。

過去の研究との比較は?

モデルナ社では以前、2回接種完了後の中和抗体の数値についての実験結果を発表しており、そこでも南ア型「ベータ株」に対する抗体価が従来株の「約7分の1から8分の1」だったと報告しています。二つの研究結果から、モデルナ製ワクチンが従来株に強く、デルタ株にも半年間は有効で、ベータ株への有効性がさほど高くないことが示されています。このような研究によって、ワクチンや変異株の特徴が早く明らかになることを願っています。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました