コラムワクチン中和抗体

感染を防ぐのに必要な中和抗体の量とは?

コラム

感染を防ぐのに必要な中和抗体の量とは?

最近は「モデルナ製ワクチンは半年後もデルタ株に有効」や「ファイザー製ワクチンの抗体価が3カ月後に4分の1になる」といった、中和抗体に関するニュースをよく目にします。これらのニュースを見て「感染を防ぐために、いったいどれくらいの中和抗体が必要なの?」と思った方もいると思います。今回はそのことについて調べてみました。

感染を防ぐ抗体価の目安は4160AU/ml

figure1

新型コロナウイルスの感染を防ぐのに必要とされる(ウイルス量を半減させる)IgG中和抗体価について、「Nature Medicine」に掲載された論文では、4160AU/ml(95%信頼区間)と報告されていて、この抗体価があれば95%の確率で新型コロナウイルスの感染を防ぐとされています(Joseph E. Ebinger, et al: Antibody responses to the BNT162b2 mRNA vaccine in individuals previously infected with SARS-CoV-2. Nature Medicine 27, 981–984, 2021、※1)。国内で行われている中和抗体検査でも、この数値を目安として表記しているものもあります(この数値に満たない場合は感染を防げないという意味ではありません)。

2回接種後の抗体価を公表する動きも

医療従事者を対象に行われたファイザー製ワクチンの接種については、医療機関が個別に公表している場合もあります。鹿児島市の米盛病院は医療従事者669人の抗体検査の結果を公表。2回目接種1カ月後の中和抗体価の平均値が7782AU/mlと目安を大きく上回っていました(※2)が、3カ月後には3731AU/mlと半減していました。この数値は4160AU/mlを下回りましたが、90%の確率で感染を防ぐとされる3200AU/mlを上回っています。

感染した場合の抗体価は1000AU/ml程度

新型コロナウイルスに感染した際に獲得するIgG抗体の抗体価はどれくらいなのでしょうか。COVID-19有識者会議のデータ(※3)によると、感染してから約3週間後の抗体価の中間値は1000AU/ml程度で、ワクチン接種で獲得する抗体価よりもかなり低いことがわかります。ですので、感染して抗体を獲得するよりも、ワクチン接種のほうがより安全で、後遺症もなく、多くの抗体価が獲得できるということになります。

正確なデータは今後の研究待ち

上記の数値はあくまでも目安であり、その数値の正確性などについては、今後の研究を待つ必要があります。また、感染するかしないかの目安であって、抗体価と重症化の関連性を示しているものでもありません。

「2回接種後に〇〇AU/ml以上あれば安全」「△△AU/mlを下回る前に追加接種を」のような具体的指標が出てくるまでは、まだ少し待つ必要がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました