コラムマスク新型コロナの基礎知識

マスク 2 枚重ねは有効性があるのか?

スポンサーリンク
コラム

二重マスク」と不織布マスク1枚、ほぼ変わらず…感染防止効果を「富岳」で解析 : 科学・IT : ニュース : 読売新聞オンライン

マスク 2 枚重ねは有効性があるのか?

テレビや街でたまにマスクを2枚重ねしている人を見かけることがあります。こうした「二重マスク」の理由とその効果について調べてみました。

見た目重視で二重マスクに

使い捨ての不織布マスクと洗える布マスクは、それぞれ長所と短所が異なります。ウイルスや飛沫の遮断効果は不織布マスクの方が高いですが、オシャレなマスクが多いのは布マスクの方です。なので布マスクをしたいけど、遮断効果に不安があるという方が、内側に不織布マスクを重ねていることがあります。

肌荒れ対策で二重マスクに

不織布マスクが直接触れると肌荒れが心配という方で、内側に布マスクをしている方もいます。布マスクのほうが肌さわりがいいという利点がありますが、不織布マスクの気密性は低くなりそうですね。

外気に触れる方を使い捨てに

同じく不織布マスクが外側でも、理由が異なる方もいます。ウイルスに触れるかもしれない外側を使い捨てにして、まだ感染していない自分の口に触れる部分を布マスクにする。こうすることでウイルスが不織布マスクについても直接肌に触れる可能性が大幅に減るということです。なるほどですね。

効果はあるの?

米疾病対策センター(CDC)は2021年1月、1枚のマスクよりも2枚重ねのほうが遮断できる粒子の割合が増えるとの研究結果を発表しました。マスク1枚だと左右に隙間ができやすく、そこから空気が漏れる可能性あるようです。

日本のスーパーコンピューター「富岳」を使った予測でも、二重マスクのほうが飛沫拡散を防ぐとの結果が出ています。

しかし、息苦しさは増え、暑い日には熱中症のリスクが上がるというデメリットもありますので、2枚重ねをする場合はその点にも気をつけたほうがいいですね。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました