コラムワクチン

東京都のアンケートから見える「若者が接種をためらう理由」

スポンサーリンク
コラム

東京都のアンケートから見える「若者が接種をためらう理由」

東京感染症対策センター(東京iCDC)のリスクコミュニケーションチームは8月26日、7月に実施した新型コロナウイルスワクチンに関するアンケート結果を発表しました(※1)。そこには若者が接種をためらう理由も記されていました。

20〜70代の都民1000人を対象に実施

アンケートは20〜70代の都民1000人を対象に7月16、17日にインターネットで実施されました。

全体の約8割が接種に前向き

ワクチンを2回接種した人は全体の20.1%、1回接種が18.8%、必ず接種するが20.5%、おそらく接種するが18.9%で、全体の8割近くが接種済みもしくは接種に前向きな考えを示しています。

20〜30代は他年代より「わからない」が多い

20代男性では接種済みあるいは接種に前向きな人が約6割で、「おそらく接種しない」「絶対に接種しない」が合わせて2割弱、「わからない」が20.3%となっています。

20代女性は接種済みあるいは接種に前向きな人が全体の約66%、「おそらく接種しない」「絶対に接種しない」が2割弱、「わからない」が15%となっています。

「わからない」と回答した人は30代男性でも10%、30代女性で16.9%となっており、20〜30代が他の年代よりも多くなっています。

接種をためらう理由で最も多いのは?

全世代の「接種しない」「わからない」と答えた人(217人)にその理由を尋ねたところ、「副反応が心配」が最も多い46.5%、「重篤な健康被害が心配」が28.1%、「効果に疑問がある」が27.6%、「アレルギーなど体質上の理由」が15.7%でした。

20代が接種をためらう理由は?

20代男性が接種をためらう理由に選んだもので多かったのは「感染しても自分は重症化しない」で、以下「副反応が心配」「効果に疑問がある」「外出がめんどう・時間がない」となりました。

一方、20代女性は「副反応が心配」が最も多く、以下「効果に疑問がある」「重篤な健康被害が心配」「体質上の理由」などとなりました。

全体の約8割、若者でも6割以上がワクチン接種に積極的なので、上記の理由で接種をためらっているのは、若者でも4割以下となっています。そのうち半数以上はワクチンを拒否しているのではなく、「わからない」と答えており、ワクチンの効果や副反応、打たなかった場合についてなど、判断に必要な情報が若い世代に届いていない可能性があります。

こうしたデータを活用し、情報をわかりやすく提供することが今後必要になると考えられます。

 

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました