コラムワクチン追加接種

政府が契約したノババックス製ワクチンとは?

スポンサーリンク
コラム

政府が契約したノババックス製ワクチンとは?

田村憲久厚労相は9月7日の記者会見で、米ノババックス製新型コロナウイルスワクチンについて、国内で生産・流通を担う武田薬品工業との間で、早ければ来年初めから1億5千万回分の供給を受ける契約を締結したと発表しました。このノババックス製ワクチン、いったいどんなワクチンなのでしょうか?

2回接種型の組み換えタンパクワクチン

ノババックス製ワクチンは「組み換えタンパクワクチン」と呼ばれる種類で、ウイルスの遺伝子情報を元に、昆虫細胞を使って「スパイクタンパク質(ウイルスの表面にある凹凸)」を作り、ワクチンとして投与するものです。ファイザー製やモデルナ製といったmRNAワクチンとの最大の違いは、mRNA製ワクチンの場合、スパイクタンパク質を体内で作りますが、このワクチンはすでに生成されたスパイクタンパク質を投与する形となります。

接種回数は2回で、3週間の間隔を空ける必要があります。

治験では90%の発症予防効果

ノババックス社は6月14日、治験の結果、同社製ワクチンが変異ウイルスを含めた感染予防に90.4%の有効性があったと発表しました。中等度〜重傷を防ぐ効果は100%だったということです。

日本提供分は武田薬品工業が生産予定

今回供給契約が結ばれたのは1億5000万回分で、薬事承認が前提になりますが、早ければ2022年初めから供給を受けることになります。日本に提供される分については、ノババック社とライセンス契約を結んでいる武田薬品工業が国内で生産し、提供する形となりそうです。

政府はブースター接種などでの活用を検討しています。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました