コラム新型コロナの基礎知識

世田谷区が新型コロナの後遺症に関する調査を発表

スポンサーリンク
コラム

世田谷区が新型コロナの後遺症に関する調査を発表

東京都世田谷区がこのほど、新型コロナウイルスに感染した区民や区内の病院に入院した人を対象に実施した、後遺症に関するアンケートの速報結果を発表しました。3710人が回答した内容から、実際の後遺症の様子が明らかになっています。

今年4月時点の感染者を対象に調査

世田谷区では今年4月15日時点で区の保健所に「発生届」が提出されていたコロナ感染者8959人を対象に、外部機関に委託し、郵送とインターネットでアンケート調査を実施。7月16日から8月6日までに3710人から回答がありました(有効回収率41.4%)。

後遺症があるのは48%

回答で「後遺症がある」と答えたのは1786人(48.1%)、「ない」と答えたのは1830人(49.3%)でほぼ二つに分かれました。年代別では30〜50代で半数以上が「後遺症がある」と答えていました。

最も多い後遺症は「嗅覚障害」

後遺症で最も多かったのが嗅覚障害で54%(971件)、次が倦怠感で50%(893件)、以下、味覚障害が45%、咳が34%でした。

年代別では10〜30代では嗅覚障害が最も多く、40代以上は倦怠感が最も多い結果となりました。

回答者の中には記憶障害や脱毛などの症状が半年以上にわたって続いている人もいたようです。

後遺症のケアをどうするか

後遺症の中には長期にわたって苦しむものもあり、働いたり、生活したりする中で、支障をきたす場合もあります。感染者が増加しているということは、治療後に後遺症で悩む人が増える可能性も大いにあります。個人の意識ももちろんですが、こうした方々をフォローできる仕組みについても考えていく必要があるのではないでしょうか。

 

 

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました