コラム治療薬など

グラクソ・スミスクラインが承認申請したコロナ治療薬とは?

スポンサーリンク
コラム

グラクソ・スミスクラインが承認申請したコロナ治療薬とは?

イギリスの製薬大手、グラクソ・スミスクライン(GSK)は9月6日、新型コロナウイルス治療薬「ソトロビマブ」について、厚生労働省に承認申請を行ったと発表しました。この薬、一体どういうものなのでしょうか。

「特例承認」を申請

今回、GSK社が申請したのは審査手続きを大幅に簡略化する「特例承認」と呼ばれるもので、提出した海外でのデータを元に審査を進める形となります。この中には日本人のデータが含まれておらず、同社では今後追加で提出するとしています。

軽症・中等症の患者が対象

「ソトロビマブ」は新型コロナウイルスの働きを抑える中和抗体を点滴で投与する薬で、対象は酸素投与の必要がない軽症・中等症患者のうち、重症化のリスクがある方となります。

海外で行われた治験では、重症化リスクを79%減らしており、すでにアメリカでは緊急使用が承認されています。

変異株にも対応

GSK社によると、「ソトロビマブ」はウイルスの変異しにくい部分に作用するため、変異株でも効果が落ちにくいとのことです。今月中にも厚労省が特例承認するという見方も出ており、軽症者向けの薬が増えることになりそうです。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました