コラム東京と大阪

減少傾向続く東京、ピークアウトしつつある大阪(1週間の動き)

スポンサーリンク
コラム

減少傾向続く東京、ピークアウトしつつある大阪(1週間の動き)

一時期は1日あたりの新規感染者数が5000人を超えるなど、8月は感染者数が大幅に増加していた東京。9月に入ってからは感染者数が徐々に減少しています。一方、先週は新規感染者数が初めて3000人を超えるなど、感染者が急増していた大阪。こちらも今週に入ってからは感染者が減少し、ピークアウトの傾向を見せています。

減少傾向続く東京


「【東京都】陽性者数(単日/7日平均)」2021/7/1~9/9を見る(※クリックすると開きます)

日付 陽性者数(単日) 7日平均 7日平均(一週間前比較)
2021/9/9 1675 1837.14 58.51%
2021/9/8 1834 2040.57 60.56%
2021/9/7 1629 2231.14 63.37%
2021/9/6 968 2414.00 65.10%
2021/9/5 1853 2549.29 67.37%
2021/9/4 2362 2724.71 68.61%
2021/9/3 2539 2898.86 69.27%
2021/9/2 3099 3140.00 72.14%
2021/9/1 3168 3369.29 75.35%
2021/8/31 2909 3520.71 75.93%
2021/8/30 1915 3708.00 79.58%
2021/8/29 3081 3784.00 79.95%
2021/8/28 3581 3971.29 84.16%
2021/8/27 4227 4184.57 88.62%
2021/8/26 4704 4352.86 91.17%
2021/8/25 4228 4471.43 95.21%
2021/8/24 4220 4636.86 102.42%
2021/8/23 2447 4659.29 108.99%
2021/8/22 4392 4732.86 111.00%
2021/8/21 5074 4719.00 111.53%
2021/8/20 5405 4721.86 113.62%
2021/8/19 5534 4774.43 120.08%
2021/8/18 5386 4696.57 117.90%
2021/8/17 4377 4527.14 113.78%
2021/8/16 2962 4275.00 103.38%
2021/8/15 4295 4263.86 105.62%
2021/8/14 5094 4231.14 108.69%
2021/8/13 5773 4155.71 108.78%
2021/8/12 4989 3976.00 109.03%
2021/8/11 4200 3983.57 114.51%
2021/8/10 2612 3978.71 119.21%
2021/8/9 2884 4135.43 128.65%
2021/8/8 4066 4037.00 130.02%
2021/8/7 4566 3893.00 133.32%
2021/8/6 4515 3820.43 152.73%
2021/8/5 5042 3646.86 163.97%
2021/8/4 4166 3478.71 177.97%
2021/8/3 3709 3337.43 189.35%
2021/8/2 2195 3214.43 206.87%
2021/8/1 3058 3105.00 213.61%

東京都の1日あたりの新規感染者数は9月5日から5日連続で2000人を下回っています。9月9日は1675人で1週間前の9月2日の3099人から1424人(46%)減少しました。7日間平均の新規感染者数を見ると、9月3日以降は前週比60%台で推移。9日には58.51%となり、新規感染者が4割程度減っていることがわかります。

ピークアウトしつつある大阪


「【大阪府】陽性者数(単日/7日平均)」2021/7/1~9/9を見る(※クリックすると開きます)

日付 陽性人数 7日平均 7日平均(一週間前比較)
2021/9/9 1488 1792.86 72.54%
2021/9/8 2012 1937.57 76.94%
2021/9/7 1649 2079.29 83.49%
2021/9/6 924 2179.00 87.39%
2021/9/5 1820 2276.29 91.54%
2021/9/4 2352 2357.57 95.73%
2021/9/3 2305 2398.86 97.89%
2021/9/2 2501 2471.57 102.22%
2021/9/1 3004 2518.43 106.58%
2021/8/31 2347 2490.43 108.77%
2021/8/30 1605 2493.43 112.49%
2021/8/29 2389 2486.71 116.65%
2021/8/28 2641 2462.71 119.18%
2021/8/27 2814 2450.57 124.87%
2021/8/26 2829 2418.00 133.15%
2021/8/25 2808 2362.86 138.72%
2021/8/24 2368 2289.71 144.18%
2021/8/23 1558 2216.57 155.81%
2021/8/22 2221 2131.71 149.38%
2021/8/21 2556 2066.43 154.06%
2021/8/20 2586 1962.43 158.19%
2021/8/19 2443 1816.00 150.74%
2021/8/18 2296 1703.29 151.61%
2021/8/17 1856 1588.14 146.31%
2021/8/16 964 1422.57 124.79%
2021/8/15 1764 1427.00 134.39%
2021/8/14 1828 1341.29 131.15%
2021/8/13 1561 1240.57 122.72%
2021/8/12 1654 1204.71 126.85%
2021/8/11 1490 1123.43 121.08%
2021/8/10 697 1085.43 125.19%
2021/8/9 995 1140.00 139.24%
2021/8/8 1164 1061.86 131.39%
2021/8/7 1123 1022.71 136.67%
2021/8/6 1310 1010.86 157.91%
2021/8/5 1085 949.71 167.12%
2021/8/4 1224 927.86 185.20%
2021/8/3 1079 867.00 189.66%
2021/8/2 448 818.71 206.75%
2021/8/1 890 808.14 215.75%

一方、9月1日には新規感染者数が過去最多の3004人を記録した大阪府。その後はやや減少傾向を示しており、9月9日には1週間前の9月2日から約1000人減少し、1488人となりました。7日間平均の新規感染者数はここ数日、前週比70〜80%台となっており、これまでの増加局面から一転し、減少フェーズに入ったようです。

減ったとはいえ…

東京と大阪がようやく減少傾向を示したことは喜ばしいのですが、それでも楽観視できる状況ではありません。

その理由としては

・減ったとはいえ、新規感染者数は3〜5月の第4波を上回る規模

・しかも第4波よりも感染力が強いデルタ株が流行

・入院できない患者も多く、感染するとリスクが大きい

・シルバーウィークが控えていて、気の緩みによる感染再拡大が予想される

といったことが挙げられます。

このまま感染者が減り続けることはなく、どこかで増加局面に変わることは、これまでの経験からわかっています。少しでもそのタイミングを遅らせて、その間にワクチンを多くの人が接種し、医療体制をできるだけ整えることが大事になると思われます。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました