ワクチン今後のコロナについて

コロナとインフルの混合ワクチン、各社が開発に着手

スポンサーリンク
ワクチン

コロナとインフルの混合ワクチン、各社が開発に着手

アメリカのモデルナ社は9月9日、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの混合ワクチンの開発に着手したと発表しました。1回の接種で二つの効果があるワクチンができると、今後のコロナ対策も大きく変わりそうです。

種類はmRNAワクチン

モデルナ社が開発する混合ワクチンは新型コロナウイルスのブースター接種(追加接種)向けと季節性インフルエンザ向けを組み合わせたもので、現在、臨床試験の準備をしているとのことです。種類はmRNAワクチンで、コロナワクチンは既存のものを、インフルエンザワクチンは新たに開発したものを使う予定となっています。将来的にはRSウイルス感染症など、他の呼吸器疾患のワクチンも加え、毎年接種する形を想定しているとのことです。

医療コスト削減につながる可能性も

モデルナ社では混合ワクチンを導入することで、ワクチン接種が一本化できるため、医療コストの削減にもつながるとしています。現在はマウスを使った実験が行われていて、両ワクチンに対する抗体量の上昇が確認できているようです。

ノババックスは治験を開始

同様の混合ワクチンについてはノババックス社が8日、オーストラリアで640人を対象とした初期の治験を始めたと発表しました。こちらは同社製コロナワクチンと同じ組み替えタンパクワクチンで、来年前半にも結果が出る予定となっています。

アフターコロナの一つの方法として注目

最近は接種完了後の中和抗体価に関する研究が各地で行われており、一定の期間を過ぎると減少することが明らかになっています。このためワクチン企業ではブースター接種に向けたワクチンの開発を進めていますが、毎年接種する必要があるインフルエンザワクチンと一緒に接種できるとなれば、接種を受ける側の利便性も高まります。

安全性の問題など、治験でクリアすべき課題もあり、実用化はまだ先になりそうですが、数年後のアフターコロナの世界におけるコロナ対策の一つとして、期待したいですね。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました