コラム今後のコロナについて

必ずやってくる!? 第6波に備える動き始まる

スポンサーリンク
コラム

必ずやってくる!? 第6波に備える動き始まる

9月に入ってからは新型コロナウイルスの感染状況が一旦落ち着きを見せていますが、政府や専門家、医療機関などでは、やがて訪れる「第6波」に備える動きが始まっています。

田村厚労相「冬場に向けた警戒が必要」

田村厚労相は9月15日の衆議院厚労委員会で、新型コロナの感染状況について「第6波を見据えながら対応しなければならならない」と述べ、その理由として、9月から新学期が始まり人の動きが変わっていること、冬場に向かい換気しづらい状況になっていること、忘年会や新年会など、普段会わない人と会う機会が増えることを挙げました。

尾身氏「社会の不安を取り除くまでは2〜3年」

政府分科会の尾身茂会長は同委員会で「ワクチン接種を一生懸命頑張っても、すぐにこの疾患を制圧してゼロにすることはできない」と述べ、社会の不安がなくなるまで2〜3年以上かかるとの見通しを示しました。また、政府が進める行動緩和(過去記事リンク)については、「接種率が上がったからといって、急に緩めると必ずリバウンドが来る」と、慎重な姿勢を示しました。

忽那医師「第6波、来ない理由がない」

忽那賢志・大阪大大学院教授は第6波について「来ない理由がない」と述べ、それを想定して準備する必要性を訴えています。忽那医師は大阪府が設置する1000床規模の臨時医療施設の監督監修を担っており、この施設について、自宅療養中の急な重症化を避け、家庭内感染を防ぐために軽症者を受け入れるとしています。

長崎大は福岡県の第6波の時期を予測

長崎大学熱帯医学研究所の研究グループは、福岡県の感染状況について、緊急事態宣言期間中に現在の感染対策を続けると、10月初旬に1日の新規感染者数が約100人まで減少すると予測。同県の第6波のピークは11月下旬で、1日あたり700人を超えない程度になると見方を示しました。

現在こそ感染者が減少しているが…

今でこそ感染者が減少していますが、感染力が強いデルタ株、低下するとされるワクチンの感染防止効果、逼迫する医療体制などを考慮すると、いつ再拡大してもおかしくない状況が続いています。

ワクチン接種完了者が50%を増えたとの報道もありましたが、冬に向けて引き続き感染対策を続けていく必要がありそうです。

 

 

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました