コラム新型コロナの基礎知識

クラスターを防ぐために換気の徹底を

スポンサーリンク
コラム

クラスターを防ぐために換気の徹底を

先日、北海道のバーで発生したクラスターについて紹介しましたが、このバーでは換気が不十分だったと見られています。最近発生した他のクラスターでも、換気がされていないケースが多くあったようで、自治体などでは換気の徹底を改めて呼びかけています。

札幌のクラスターは換気などが要因に

札幌市内のバーで発生したクラスターでは20人以上の感染者が出ました。このバーでは「時短要請に応じず」「マスクをせずに会話や飲食、カラオケをし」「店内が狭く換気が不十分で」「ワクチン接種を終えた人が少なかった」とされています(※1※2)。

国内では感染者の減少傾向が続いていますが、これだけの要因が揃えば、やはりクラスターは発生し感染者が急増することが、改めて示されました。

福島県では宴会クラスター

福島県でも10月16日に1カ月ぶりにクラスターが確認されました。県南部の個人宅で行われた宴会に参加した10人のうち5人が感染したもので、この家では窓は閉めっぱなしで、換気されていなかったとのことです(※3 A B)。

 

急に寒くなったので注意が必要

10月初めまでは夏が続いているような天気でしたが、最近になって各地で急に気温が下がり、秋を越して冬に近づいている印象すらあります。夏の間は窓を開け、しっかり換気できていても、寒くなってくると、換気しないケースが増えてくると思います。

飲食店だけでなく、職場や家庭などでも、定期的に空気を入れ替えることで、クラスターの発生を防いでいきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました