コラムワクチン追加接種

ファイザー製ワクチン、3回目接種で有効性95%に“回復”

スポンサーリンク
コラム

ファイザー製ワクチン、3回目接種で有効性95%に“回復”

アメリカの製薬大手ファイザーは10月21日、同社製新型コロナウイルスワクチンについての臨床試験結果を発表し、3回目のブースター接種(追加接種)の有効性が95.6%になったことを明らかにしました。デルタ株にも効果があるとしています。

1万人以上を対象に治験実施

ファイザー社では2回の接種を終えた約1万人を対象に、3回目の追加接種の治験を行いました。治験者を2つのグループに分け、プラセボ(偽薬)を与えたグループでは109人が発症しましたが、ワクチンを追加接種したグループでは5人しか発症しませんでした。

ワクチン効果を再び高める結果に

ファイザー製ワクチンは当初、新型コロナウイルスに対する有効率が約95%とされてきました。その後、さまざまな変異株の出現や、接種から時間が経つにつれて中和抗体量が減少することが明らかになり、2回の接種を終えても効果は徐々に低下するとされました。今回の結果により、3回目の接種を行うことで、再び有効率が95%に“回復”する形となりました(効果の持続期間はまだわかりませんが)。

米ではすでにブースター接種開始

アメリカではすでに65歳以上を対象としたファイザー製のブースター接種が始まっており、これまでに約990万人が3回目の接種を受けているようです。

日本でもブースター接種に向けた動きが

日本でもブースター接種は早ければ12月から開始すると見られており、そのための準備が進められています。こうした状況下でブースター接種の治験データが出てきたことは一つの参考になると言えるでしょう。接種開始まで時間があり、一般の接種が行われるまではさらに時間があります。

こうした時間を利用して、さまざまな国のデータを分析し、少しでも安心して接種できるよう進めてもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました