コラム今後のコロナについて新型コロナの基礎知識

東京都が25日から時短全面解除する「認証店」って何?

スポンサーリンク
コラム

東京都が25日から時短全面解除する「認証店」って何?

東京都は10月21日、都の認証を受けた飲食店(認証店)に対する要請を25日に解除し、酒の提供時間や営業時間の制限をなくすことを決定しました。このニュースについて連日報じられていますが、そもそも「認証店」って一体どんな店なのでしょうか。

認証店は全体の約8割

「認証店」とは、東京都の場合、都の「徹底点検 TOKYOサポート」プロジェクトのページから申請して「感染防止徹底点検済証」の交付を受け、これを店頭に掲示している店舗となります。10月15日現在、都内にある約12万の飲食店のうち、認証店は約10万2000店で、全体の約8割となります(※1)。

25日以降はどうなるの?

東京都では10月25日から「認証店」に対する時短要請などを解除しますが、全体の8割の店舗がこれに該当するということは、多くの店舗がほぼ通常営業に戻ると言えそうです。

具体的内容としては

・酒類提供時間の制限がなくなる

・時短営業の要請が解除される

・同一グループの同一テーブルは4人以内

・大人数で同一テーブルを使う場合は接種証明書などを活用

などとなっています(※2)。

制度の効果は不明

今回の「認証店」制度はネットで申請してステッカーを貼れば承認される制度なので、これまで飲食店などに講じられてきた対策同様、効果が不明な制度となっています。

各店舗で感染者やクラスターが発生したらどうするのか。個別の感染対策を講じるのか。それともまた緊急事態宣言やまん延防止措置を発令して、全部まとめて規制してしまうのか。こうした点が見えない制度では、第6波が起こった時に混乱する再び可能性があります。

経済を動かしながら、感染拡大を食い止める現実的で実効性の高い方法を取ってほしいものですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました