コラムワクチン世界のコロナ事情

日本のワクチン接種完了率が7割に 世界との比較は?

スポンサーリンク
コラム

日本のワクチン接種完了率が7割に 世界との比較は?

政府は10月26日、日本の新型コロナウイルスワクチン接種完了率が全人口の70%を超えたと発表しました。周りでも接種が終わった人がかなり増えてきている印象ですが、他の国と比べるとどうなのでしょうか。

1回以上の接種率は77%に

10月25日現在の新型コロナワクチン接種率(全人口における1回以上打った人の割合)は77.2%で、接種完了率(必要回数の接種を終えた人の割合)は70.6%となっています。

1回目を打ち終わった人も4〜6週間後には2回目を打つことになるので、その頃には接種完了率が77%になると考えられます。

G7では接種率2位、接種完了率3位

Our World In dataでG7(先進7カ国)の接種状況を見ると、日本は接種率でカナダと1%差の2位、接種完了率ではカナダ、イタリアに次ぐ3位となっています。感染拡大が続くアメリカやイギリスのほか、フランスやドイツも上回っています。

8月の時点ではどうだったのか

日本で新型コロナウイルスの第5波が広がっていた8月1日時点ではどうだったでしょうか。

上のグラフを見ていただくと、日本は接種率、接種完了率ともにG7でダントツの最下位で、東京五輪の開催に「接種が間に合わなかった国」という印象でした。

そこから約3カ月で接種率が大幅に伸びたことは、世界からも評価されています。

G20でも上位に

対象範囲をG20に広げても、上に韓国が入ってくるだけで、日本は接種率で3位、接種完了率で4位と、上位であることに変わりありません(中国の数値は不明)。

第4波、第5波という苦しい経験をしましたが、ワクチン接種率は世界の上位にまで増え、各国が感染者増加に苦しむ中、新規感染者数も低い水準で抑えています。

この状況を続けていくために

8月以降接種率が大きく増えたことも、9月からの感染者減少と関連していると見られています。接種率が頭打ちになった国はほぼ、新たな感染者増加に直面しています。このまま感染者数を低く抑えるためには、引き続き接種率を上げていくことが大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました