コラムワクチン世界のコロナ事情

日本のワクチン接種完了率、G7でトップに

スポンサーリンク
コラム

日本のワクチン接種完了率、G7でトップに

松野官房長官は11月16日、新型コロナウイルスワクチンの必要回数の接種完了率について、日本がカナダを抜いて先進7カ国(G7)で1位になったと明らかにしました。

あのカナダを抜いた!

Our World in Dataによると、11月15日時点の必要回数の接種完了率は、日本が75.78%でトップ、カナダは75.41%で2位となりました。3位以下はイタリア(72.62%)、フランス(68.68%)、イギリス(67.48%)、ドイツ(67%)、アメリカ(57.62%)となっています。

1カ月前は日本が5位だった

ちょうど1カ月前の10月15日時点のデータを見ると、トップがカナダ(72.66%)で2位がイタリア(69.82%)でした。以下、フランス(67.16%)、イギリス(66.45%)の順で、日本は66.37%で5位でした。1カ月で10ポイント近く上昇した国は他になく、急速な接種の進み具合を示す結果となりました。6位はドイツ(65.21%)、7位はアメリカ(56.31%)でした。

G7で下位の国は現在も感染者が増加

7カ国のうち下位となっているイギリスドイツアメリカはいずれも現在、感染者の増加という深刻な課題を抱えています。3カ国とも、この1カ月の接種完了率を比較すると、1ポイント程度しか増えておらず、接種が頭打ちになっていることがわかります。イギリスとドイツは人口の1/3が、アメリカは半数近くが接種を終えていないのですから、感染が拡大するリスクは他国よりも大きいかもしれません。

接種率もトップへ

11月15日現在、1回以上の接種率はカナダが78.99%でトップですが、日本も78.78%と迫っています。接種率の増加傾向をみると、こちらも日本の勢いがカナダを上回っているので、近いうちにG7でトップになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました