コラム世界のコロナ事情

ワクチン接種進むアイルランドで感染が急拡大

スポンサーリンク
コラム

ワクチン接種進むアイルランドで感染が急拡大

イギリスの隣国、アイルランドでもこのところ、新型コロナウイルスの感染者数が再び増加しています。政府ではこれまで、コロナに関する規制緩和を進めてきましたが、感染者の増加を受けて、その方針を転換しています。

感染者数最多を更新

アイルランドではこれまで、今年1月の英国型アルファ株の感染爆発で最も多くの感染者数が出て、1月8日には1日あたりの新規感染者数が8227人となりました。今回の感染拡大はそれを上回り、11月16日には新規感染者数が8965人となり、過去最多を記録しました(米ジョンズ・ホプキンス大学のデータによる)。

ワクチン接種率は日本と同水準

アイルランドではヨーロッパの他の国よりもワクチン接種が進んでいる印象があり、11月15日現在の接種率は、1回以上のワクチン接種率が77.0%、必要回数の接種完了率が75.62%となっており、日本とほぼ同水準となっています(同日現在の日本は接種率78.83%、接種完了率75.97%)。

なお、アイルランドの接種率については、韓国の中央日報が日本語記事で「接種率90%のアイルランド、1日4000人感染でウィズコロナ取りやめ」との見出しで11月18日に報じていますが、この「接種率90%」は12歳以上を対象としたものらしく、非常に誤解を生む表現となっています(※1)。

隣国イギリスの感染拡大が影響か

アイルランドの今回の感染の波は7月あたりから徐々に広がり、10月と11月に一気に拡大しました。これは隣国イギリスで、感染者が増えた時期と重なっており、イギリスの感染拡大が影響した可能性もあると見られています。

ウィズコロナ政策を転換

アイルランドでは今年5月にコロナに関する行動規制を一部緩和し、10月には大幅に緩和しました。しかし、感染者が急増したことで、政府は再び、ウィズコロナ政策から規制政策へと方向転換しています。

新たな措置では、必要な場合を除き、基本的に在宅勤務となり、映画館や劇場に入る際に接種または治癒証明書を必要とし、酒類提供店の閉店時間を午前0時としました(※2)。

3回目のワクチン接種もすでに始まっていますが、その実施年齢を引き下げることにしています。

日本と同じ接種率のアイルランドで突如起こった感染拡大。素早い方針転換で感染拡大を食い止めることができるのか。注目したいですね。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました