コラム世界のコロナ事情緊急事態・まん防

各国の新型コロナ対策を振り返る(3)日本の対策

スポンサーリンク
コラム

各国の新型コロナ対策を振り返る(3)日本の対策

新型コロナウイルス感染症の拡大から1年以上経過し、各国の1年間の取り組みとその成果について振り返ってきましたが、3回目の今回は日本の対策を見てみようと思います。

水際対策の失敗が感染を拡大

日本国内で感染が最初に確認されたのは、中国湖北省武漢市を訪れた中国人男性で、2020年1月3日に現地で発熱し、日本に戻ってから15日に感染が確認されました。この頃にはすでに、中国で謎の肺炎が流行していると報じられていましたが、入国制限措置は取られておらず、1月24日からの春節連休期間には、大量の中国人観光客が訪日し、バス運転手などが感染しました。

結局、安倍政権が湖北省に滞在した外国人の入国拒否を開始したのは2月1日からで、中国・韓国からの入国者への隔離措置を要請したのが3月、全世界からの入国制限をしたのは4月に入ってからでした。もう少し早く水際対策ができていれば、感染拡大までの時間稼ぎができたかもしれません。

緊急事態宣言をめぐる対応の遅れ

2020年1月、2月と政府の対応遅れが目立ち、感染拡大はさらに続きました。政府は3月1日からの一斉休校を発表しますが、感染者が増えていた北海道では、鈴木知事が2月28日に独自の緊急事態宣言を発表。この頃から鈴木知事の他、小池東京都知事、吉村大阪府知事らが地方自治体の長が独自の感染対策を発表し、メディアで呼びかけるようになります。

政府は3月6日になってようやく西村経産相をコロナ担当大臣に任命。4月7日に7都府県に緊急事態宣言を発令し、16日には対象を全国に拡大します。

最初の感染確認から緊急事態宣言までに約3カ月要しており、この間に救えた命も多くあったはずです。マスク不足に対応するために支給を決定した「アベノマスク」についても、国民に行き渡った頃には街でマスクが買えるようになっており、決定や対応の遅れが目立ちました。

感染対策優先から経済優先に急転換

感染拡大期は休校措置や緊急事態宣言の発令、特別定額給付金や持続化給付金、感染対策協力金、アベノマスクの支給など、国民に感染対策と外出自粛を訴える施策が目立ちましたが、緊急事態宣言解除後には経済優先に方向転換します。

国内経済を循環させるための「GoToトラベル」「GoToEat」キャンペーンを緊急事態宣言解除後から順次開始。国内の人の流れが一気に加速しました。しかしこれら「GoTo」の影響で秋以降の第2波、第3波が拡大したとの研究データも発表されており、時期尚早だったとの見方も出ています。

不祥事続出で国民の信頼度も低下?

国や自治体の支援については、特定業種に限定されたり、給付金の不正受給者が続出するなど、「本当に困っている人のところに支援が行き届いていない」との批判が相次ぎました。

また、与党国会議員が銀座のクラブで深夜まで「相談に乗っていた」ことや、宴会自粛を呼びかけていた厚労省が大規模な送別会を深夜まで開いていたことが明らかになり、政府に対する信頼度が低下しているという一面もあります。

第1波の時は「コロナ対策ができている国」だった

コロナの第1波の際には欧米各国から「日本はコロナを食い止めている国」と称賛されていました。今思えば、その頃も政府の抑止措置で感染を食い止めていたわけでなく、マスク着用や3密防止など、一人一人の意識の高さが感染を拡大させなかったと言えるでしょう。

個人の努力に依存し、適切な対策を打ち出せない政府も残念ですが、魅力ある対案を出せずに批判に終始する野党や、揚げ足取りの一部メディアにも責任はあります。

「力を合わせてコロナ対策に取り組む」という雰囲気がないことは、台湾やニュージーランドといった感染対策に成功している国との大きな違いと言えるでしょう。

各国の新型コロナ対策を振り返る 関連記事

(1)経済を優先した国

各国の新型コロナ対策を振り返る(1)経済を優先した国
各国の新型コロナ対策を振り返る(1)経済を優先した国 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大から1年以上が経過し、各国のコロナ対策の結果が表れ始めています。ここでは各国のこの1年間の取り組みとその成果について、 (1)経済を優...

(2)感染対策を優先した国

各国の新型コロナ対策を振り返る(2)感染対策を優先した国
各国の新型コロナ対策を振り返る(2)感染対策を優先した国 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大から1年以上が経過し、各国のコロナ対策の結果が表れ始めています。ここでは経済活動よりも感染対策を優先した国の成果について振り返ってみようと思いま...

(3)日本の対策

各国の新型コロナ対策を振り返る(3)日本の対策
各国の新型コロナ対策を振り返る(3)日本の対策 新型コロナウイルス感染症の拡大から1年以上経過し、各国の1年間の取り組みとその成果について振り返ってきましたが、3回目の今回は日本の対策を見てみようと思います。 水際対策の失敗が感...

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました