コラムワクチン新型コロナの基礎知識

新型コロナに便乗したワクチン詐欺の手口とは?

スポンサーリンク
コラム

新型コロナに便乗したワクチン詐欺の手口とは?

 

新型コロナワクチンの接種が始まっていますが、なかなか自分の順番が回ってこないとやきもきしている方もいるのではないでしょうか。そんな気持ちに付け込んだ悪質なワクチン関連の詐欺や便乗商法が、最近は増えているようです。

ここではその実例を挙げ、どうすれば良いか考えてみたいと思います。

手口1:「ワクチンが接種できる」との電話

国民生活センターのホームページでは、実際の被害例がいくつか紹介されています(※1)。

公的機関を名乗る者などから電話がかかってきて、「新型コロナワクチンが接種できる。後日キャッシュバックされるので10万円振り込むように」や「新型コロナワクチンが無料で受けられる。家は借家か持ち家か」などと言われるものが多いようです。

手口1:対処法は?

大前提として、公的機関から特定の家に「ワクチンが打てます」という電話が来ることはまずありません。通常は市区町村から「接種券」や「接種のお知らせ」が郵送で届きます。

また、新型コロナワクチンは無料で接種できます。電話で口座番号を聞くものはほぼ全て詐欺と言えますので、怪しい電話だと思ったら、個人情報を知らせないようにしましょう。

手口2:「優先的に接種できる」とのメールやSMS

大臣名が記載されたメールやSMSが届き、そこには「コロナワクチンが優先的に接種できます」との内容が書かれ、URLが記載されていたという例もあるようです。

手口②の対処法は?

接種に関する連絡は厚生労働省や大臣名義ではなく、市区町村から郵送で届きます。またメールを送ってURLに誘導し、そこで個人情報を入力させる方法は、インターネット詐欺の常套手段です。

このような内容のメールなどが来た場合は、クリックしないようにしましょう。

手口がさらに巧妙化する恐れも

「早くコロナの恐怖から抜け出したい」という思いに付け込む悪質なワクチン詐欺の例を紹介しましたが、今後もさまざまな手口を使って、より巧妙になる可能性もあります。

「これは詐欺かもしれない」と気になる場面に遭遇した場合は、国民生活センターの「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」(http://www.kokusen.go.jp/info/data/coronavirus_vshotline.html)に相談してみるのがいいでしょう。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました