コラムコロナをめぐる噂

茶カテキンはコロナウイルスに効くって、ホンマでっか!?

スポンサーリンク
コラム

茶カテキンはコロナウイルスに効くって、ホンマでっか!?

新型コロナウイルスの変異株が流行し、緊急事態宣言も延長されるなど、依然として厳しい状況が続いています。ワクチンはいつ打てるのかわからない、変異株はマスクをしていても感染するかもしれないし、重症化するリスクも高い。そんな状況でも自分の健康は守らなければいけません。

京都で4月に開かれたシンポジウム(※1)では、緑茶に含まれる茶カテキンに抗ウイルス効果があることが示されました。これは一体どういうことなんでしょうか。

茶カテキンがインフルエンザを予防

シンポジウムでは、茶カテキンがインフルエンザの予防に効果があったことが紹介されました。緑茶にはインフルエンザウイルスの外側にあるスパイクタンパク質(凹凸部分)にくっついて感染を阻止する「吸着阻止作用」があるため、構造がよく似ている新型コロナウイルスにも効果があるのではないかとの見方も示されました。

緑茶が新型コロナウイルスを不活化させる?

シンポジウムでは、試験官内で緑茶成分が新型コロナウイルスを不活化させたことも紹介されました。定期的なカテキンの摂取でワクチン予防効果があるのではないかとの見方が示され、一例として茶のうがいや抹茶の飲用などが挙げられました。

飛びつきたくなるが、決して特効薬ではない!

某府知事の発言がきっかけで爆売れしたうがい薬のように、緑茶に飛びつきたくなる方も多いと思います。現状、臨床試験などのデータが少なく、即効性があるわけでないので、あくまでもひとつの仮説という認識ぐらいがいいかもしれません。

緑茶カテキンの含有量はペットボトルの市販品よりも、自分で淹れた茶葉、茶葉よりも抹茶が多いと言われています。家にいる時間が増えた昨今、ゆっくり緑茶を味わうのもいいかもしれませんね。

依然として厳しい状況が続く中、日曜版の本コラムが一服のお茶のようになれば幸いです。

【PR】Flowflex 新型コロナウィルス抗原検査キット2in1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
COVID19タイムス【こびっど19タイムス】
タイトルとURLをコピーしました