ワクチン接種最新情報名古屋市

【名古屋市】ワクチン接種 最新情報【更新を停止しています】

ワクチン接種最新情報

ワクチン接種の目的

発症・重症化の予防

ワクチンを接種することにより、新型コロナウイルス感染症の重症化や、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐことが期待されます。

医療機関の負担軽減

重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されます。
ワクチンの詳細や政府の対応状況については、首相官邸や厚生労働省のホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新型コロナワクチンについて(首相官邸)

外部サイトへリンク 新型コロナワクチンについて(厚生労働省)

接種概要

接種ワクチン

日本国内では、ファイザー社のワクチンが2021年2月15日に薬事承認されました。

また、2021年2月5日にアストラゼネカ社、3月5日に武田/モデルナ社が国に薬事承認の申請を行い、現在、医薬品医療機器総合機構(PMDA)において承認審査が行われています。5月20日に厚生労働省の専門部会が承認しました。アストラゼネカは当面接種は見送り。継続審議となりました。

2021年5月21日現在、ワクチン接種として採用されるのはファイザー社、モデルナとなります。

当面、自治体での集団接種はファイザー。自衛隊大規模接種ではモデルナとされています。

当然、承認次第、計画は変更されますので、こちらは随時更新していきます。

おすすめ記事:新たに2社を承認へ 日本で使われる新型コロナワクチンを比較

接種回数および接種クーポン

一定の日数の間隔(3週間=21日見当)をおいて、2回接種を実施します。以下、接種開始はあくまでも1回目であり、2回目の接種も準じて行われます。

接種券(クーポン)は1回目、2回目がセットになったものが送られてきます。

上記が厚生労働省が全国自治体に通達した新型コロナワクチン接種券(チケット)のレイアウトです。

クーポンの送付スケジュールは、以下の項目でご確認ください。

名古屋市の接種対象及び接種順位

新型コロナワクチンの接種対象は、接種する日に16歳以上の方です。現時点では、次のような順でワクチンを受ける見込みです。無料で受けられます。

(1)医療従事者等
(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
(4)それ以外の方

名古屋市のワクチン配送スケジュール案(見込み)

※準備中

名古屋市の接種予定(1)(高齢者施設の高齢者)

接種開始時期を次のとおり設定したうえで、接種体制の整った施設より接種を実施します。

  • 5月10日の週から接種開始予定(注)
    特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護医療院、介護療養型医療施設
  • 5月17日の週から接種開始予定
    その他高齢者施設等(有料老人ホーム、認知症高齢者グループホーム、サービス付高齢者向け住宅等)

(注)過去のクラスターの発生率が高い点や要介護度の高い方が入所している点を考慮して時期を設定しています。

名古屋市:新型コロナウイルスワクチンの接種について(暮らしの情報)
市民を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種について

名古屋市の接種予定(2)(一般高齢者)

高齢者施設に入所していていない一般高齢者(65歳以上 (令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方))5月12日から集団接種を開始するようです。

※5月12日から6月30日までの接種分としてウェブ予約用に用意した予約枠は全て予約完了となっております。

現在(2021年5月11日現在)、日々情報更新される箇所なので、市のホームページや広報誌などで最新の情報をご確認ください。

名古屋市:個別通知(接種券含む)の発送 ※2021/5/11現在

高齢者(令和3年度中に65歳以上になる方)の方々へ個別通知を次のとおり発送するようです。

4月19日(月)に市内在住の75歳以上の方(約32万5千人)

4月22日(木)に市内在住の65歳以上75歳未満の方(約27万3千人)

名古屋市:予約スケジュール ※2021/5/17現在

※5月3日時点において、5月12日から6月30日までの接種分としてウェブ予約用に用意した予約枠は全て予約完了

予約の取り下げ(キャンセル)が生じた場合、その予約枠は予約可能になりますが、キャンセルの手続きを予約サイトで行うと予約システムに自動的に反映されますので、キャンセルが生じたことをお伝えすることはできません。キャンセルで生じた予約枠に予約をされたい方は、適宜予約サイトで空き状況をご確認ください。

なお、ワクチンは、令和3年7月末までに65歳以上の高齢者の方で接種を希望される方全員に接種できるだけの数が国より供給される見込みですので、現在、予約ができていない方も落ち着いてお待ちください。

とのことです。

今後の予約方法ですが、集団接種は7月以降も実施いたしますが、現在、会場及び接種人数の調整を行っているところであり、予約は受け付けておりません。会場や予約開始日などは、決まり次第ホームページ等でお知らせします。

とのことです。

以下も、名古屋市民の方は対象ですので、ご確認ください。

【県主催_大規模接種】名古屋大規模接種センター 最新情報

予約方法 ※2021/5/17現在

【集団接種(本市設置会場)】
インターネットまたはコールセンターから予約

当サイトでは記載しません。こちらからご確認ください。

集団接種会場については、

5月から6月については、市民にとって身近な場所として、区役所講堂及び小学校体育館を中心に、各区1から4会場、全体で最大40会場程度で実施する予定です。会場を巡回して実施するため、具体的な会場及びスケジュールについては下記添付ファイルを参照ください。

会場及びスケジュール (PDF形式, 303.66KB)

会場のバリアフリー情報はコールセンターにお問い合わせいただくか、ウェブ予約ページからご確認いただけます。
会場に直接お問い合わせいただいても、接種予約はできません。通常業務に支障を来たしますので、お問い合わせされないようご配慮をお願いします。

なお、7月以降の集団接種会場については現在調整中のため、決まり次第お知らせします。

とあります。

【個別接種】

医療機関でワクチンを接種する個別接種は、5月24日の週から順次開始される見込みですが、ワクチンの供給量が確定していないため、現在は予約を受け付けている医療機関は限られております。まずは、受診の機会を利用して、かかりつけ医等とご相談ください。

登録医療機関一覧 (PDF形式, 1.25MB)

接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」はこちら(外部リンク)別ウィンドウ

とあります。

名古屋市の接種予定(3)(基礎疾患のある方)※ 2021/5/11現在

基礎疾患対象の方は以下の方です。

①慢性の呼吸器の病気
②慢性の心臓病(高血圧を含む)
③慢性の腎臓病
④慢性の肝臓病(肝硬変等)
⑤インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病またはほかの病気を併発している糖尿病
⑥血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
⑦免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
⑧ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている。
⑨免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
⑩神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
⑪染色体異常
⑫重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
⑬睡眠時無呼吸症候群
⑭重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
以下の病気で通院・入院している方が該当です。
上記①~⑭のほか、BMI30以上の肥満の方

現在、名古屋市からのアナウンスは特にありません。あり次第、更新します。

名古屋市の接種予定(4)(65歳未満/64歳以下の方)※ 2021/5/11現在

国の示す接種順位に基づき通知を発送する予定だそうです。

関連記事

関連記事:コロナワクチンの副反応にはどんなものがあるの?

関連記事:(高齢者も一般接種者も知っておきたい)ワクチンの接種前・接種直後に注意すべきことは?

関連記事:(高齢者も一般接種者も知っておきたい)ワクチンを打った後も気を付けるべきこと

ワクチン詐欺にご注意ください!

新型コロナウイルスワクチン接種に便乗した詐欺行為等にご注意ください。

「新型コロナウイルスのワクチンを接種できる」とかたり、現金を要求する不審な電話はすべて詐欺です。
行政機関等が、新型コロナウイルスワクチン接種に関して、現金を要求することはありません。

※全国民無料です

不審な連絡への対応

不審な電話やメールはすぐに切る又は無視してください。
不審な電話や訪問がありましたら、すぐ110番、最寄りの警察署または新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットラインにご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました