ワクチン

コラム

ファイザー製ワクチン、3回目接種で有効性95%に“回復”

ファイザー製ワクチン、3回目接種で有効性95%に“回復” アメリカの製薬大手ファイザーは10月21日、同社製新型コロナウイルスワクチンについての臨床試験結果を発表し、3回目のブースター接種(追加接種)の有効性が95.6%になったこ...
コラム

和歌山県がコロナとワクチンの関連性を示した調査結果を発表

和歌山県がコロナとワクチンの関連性を示した調査結果を発表 新型コロナウイルス第5波の感染状況が落ち着き、ワクチン接種が進んできたことで、各地が第5波の感染とワクチンの関係について調査結果を発表しています。先日の記事では新潟や岡山、...
コラム

中国でもブースター接種が本格化 不活化ワクチンの抗体量は?

中国でもブースター接種が本格化 不活化ワクチンの抗体量は? 新型コロナワクチンの感染予防効果を高めるため、イスラエルなどでは3回目のブースター接種(追加接種)が始まっていますが、国産ワクチンの接種を進めている中国でもこのほど、ブー...
コラム

減少する中和抗体量、どのくらいあれば安心できる?

減少する中和抗体量、どのくらいあれば安心できる? 以前、「感染を防ぐのに必要な中和抗体の量とは?」の記事で、感染を防ぐのに必要な中和抗体量について書かせていただきました。その後、世界でさまざまな調査が行われ、時間が経つとともに中和...
コラム

マレーシア、海外渡航の手続きを緩和へ

マレーシア、海外渡航の手続きを緩和へ 新型コロナウイルスワクチンの接種が進むマレーシアでは、国内の移動や海外渡航に関する制限が少しずつ緩和されてきています。これまでロックダウンなど厳しい措置を取って感染を封じ込めてきましたが、今後...
コラム

「感染者の8割がワクチン未接種」各地でデータが明らかに

「感染者の8割がワクチン未接種」各地でデータが明らかに 新潟市は10月8日、新型コロナウイルスの第5波で感染した1507人のうち、8割にあたる1220人がワクチン未接種だったと発表しました。他の自治体でも同様の数字が発表されており...
コラム

ファイザーが日本で3回目接種を承認申請

ファイザーが日本で3回目接種を承認申請 アメリカの製薬大手、ファイザー社が、厚生労働省に新型コロナウイルスワクチンの3回目の承認申請をしていたことが10月8日、明らかになりました。日本で新型コロナワクチンの3回目接種について申請さ...
コラム

政府が導入進める「ワクチン・検査パッケージ」とは?

政府が導入進める「ワクチン・検査パッケージ」とは? 観光庁は10月5日、ワクチン接種証明と検査の陰性証明を組み合わせた「ワクチン・検査パッケージ」の技術実証試験を特定の旅行ツアーで行うと発表しました。プロ野球やJリーグも今後行われ...
コラム

田辺三菱製薬、植物由来の新型コロナワクチンの治験開始へ

田辺三菱製薬、植物由来の新型コロナワクチンの治験開始へ 田辺三菱製薬は9月29日、カナダの子会社が開発している植物由来の新型コロナウイルスワクチンについて、10月から国内で治験を始める方針を明らかにしました。「植物由来」という言葉...
コラム

モデルナ製ワクチン、4カ月後も効果持続

モデルナ製ワクチン、4カ月後も効果持続 米疾病対策センター(CDC)は9月17日、モデルナ製新型コロナウイルスワクチンが接種完了から4カ月後も重症化を9割以上防げるとする調査結果を発表しました。ファイザー製は4カ月後には77%にな...
コラム

広島県が感染者とワクチンに関する調査結果を発表

広島県が感染者とワクチンに関する調査結果を発表 広島県の湯崎知事は9月22日、県内で8月に確認された感染者の同居家族を対象とした調査結果を発表しました。それによると、ワクチンを接種した人が家庭内で感染する割合は、接種していない人を...
コラム

産経FNN合同世論調査で見えたコロナに対する思い

産経FNN合同世論調査で見えたコロナに対する思い 産経新聞社とFNNは9月18、19両日に合同世論調査を実施し、20日にその結果を発表しました。そこからは新型コロナウイルスワクチンのブースター接種や行動制限の緩和についての人々の考...
コラム

KMバイオの国産ワクチン、10月にも治験最終段階に

KMバイオの国産ワクチン、10月にも治験最終段階に 熊本県に本社があるKMバイオロジクスは9月21日、同社が手がける新型コロナウイルスワクチンについて、初期段階の国内臨床試験で一定の有効性と安全性を確認したと発表しました。10月に...
コラム

ファイザー製ワクチン、米で5〜11歳に対象拡大へ

ファイザー製ワクチン、米で5〜11歳に対象拡大へ アメリカのファイザーとドイツのビオンテックは9月20日、両社が共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、新たな臨床試験の結果を発表し、5〜11歳でも安全性と効果を示すデータが...
コラム

「若者も重症化する」第5波では現役世代の死亡割合が増加

「若者も重症化する」第5波では現役世代の死亡割合が増加 昨年、新型コロナウイルスの従来株が流行していた時期には「基礎疾患のない若者は重症化しない」などと考える人もいたようですが、感染力の強いデルタ株の流行によって、若者でも亡くなる...
コラム

台湾が日本にパルスオキシメーターなど寄贈 

台湾が日本にパルスオキシメーターなど寄贈 台湾外交部(外務省に相当)は9月16日、新型コロナワクチンを複数回にわたり無償提供した日本に対する感謝を示すため、パルスオキシメーター1万個と酸素濃縮器1008台を日本に寄贈すると発表しま...
ワクチン

コロナとインフルの混合ワクチン、各社が開発に着手

コロナとインフルの混合ワクチン、各社が開発に着手 アメリカのモデルナ社は9月9日、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの混合ワクチンの開発に着手したと発表しました。1回の接種で二つの効果があるワクチンができると、今後のコロナ対...
コラム

三重大学などが開発する「鼻からスプレーするワクチン」とは

三重大学では現在、医薬品研究開発会社「バイオコモ」とともに国産の新型コロナウイルスワクチン開発を進めています。このワクチンは現在、世界中で接種が進められている筋肉注射型ワクチンと違い、鼻からスプレーするタイプのワクチンとなります。いった...
コラム

政府が契約したノババックス製ワクチンとは?

政府が契約したノババックス製ワクチンとは? 田村憲久厚労相は9月7日の記者会見で、米ノババックス製新型コロナウイルスワクチンについて、国内で生産・流通を担う武田薬品工業との間で、早ければ来年初めから1億5千万回分の供給を受ける契約...
コラム

台湾にビオンテック製ワクチンが到着

台湾にビオンテック製ワクチンが到着 台湾桃園国際空港に9月2日、ドイツのビオンテックが米ファイザーと共同開発したワクチン「コミナティ」(中国語名「復必泰」)の第1陣93万回分が到着しました。同ワクチンが台湾に届いたのは今回が初めて...
コラム

東京都のアンケートから見える「若者が接種をためらう理由」

東京都のアンケートから見える「若者が接種をためらう理由」 東京感染症対策センター(東京iCDC)のリスクコミュニケーションチームは8月26日、7月に実施した新型コロナウイルスワクチンに関するアンケート結果を発表しました(※1)。そ...
コラム

医療機関で中和抗体検査をやってみた

医療機関で中和抗体検査をやってみた 新型コロナウイルスワクチンの接種が終わっても、中和抗体がきちんと体内にできているかどうかは気になるもの。そこで今回は、医療機関で行われている中和抗体検査をやって、実際に体内に中和抗体ができている...
ワクチン

あの人も接種済み 政府が検討している「交差接種」とは?

あの人も接種済み 政府が検討している「交差接種」とは? ワクチン接種を担当する河野太郎行政改革担当相が8月29日、1回目と2回目で異なるワクチンを打つ「交差接種」(組み合わせ接種)について、政府内で検討していることを明らかにしまし...
コラム

感染を防ぐのに必要な中和抗体の量とは?

感染を防ぐのに必要な中和抗体の量とは? 最近は「モデルナ製ワクチンは半年後もデルタ株に有効」や「ファイザー製ワクチンの抗体価が3カ月後に4分の1になる」といった、中和抗体に関するニュースをよく目にします。これらのニュースを見て「感...
タイトルとURLをコピーしました